駅前やオフィス街を歩いていると、レンタル会議室の看板を目にすることがあります。以前はあまり見かけなかったシステムですが、近年、増加傾向にあるのです。需要があるから供給があるわけですが、では何故このレンタル会議室は増えているのでしょう。

まず、どの企業も長引く不況により、経費削減という課題を常に突き付けられています。そのため、わざわざ大きな会議室を社内に作ることは少なくなっているのです。オフィス自体も、今までのような大きな物件ではなく、コンパクトで最低限の設備を備えた物件へ移転することも珍しい話ではないのです。要は、会議をするときだけ会議室をレンタルするということで、企業としては無駄な経費を削減できるため重宝しているのです。

極端に言えば、オフィス自体がない企業もあるほどです。最近では月額一定の金額を支払うと住所を貸してもらえたり、郵便物を受け取ってもらえたりするサービスがあるため、オフィスを構えなくても充分に起業ができます。そうしたバーチャルオフィスのサービスには、必要な時にだけレンタルできる会議室もセットで用意されているので、客先と会う時やミーティングなどがある時は予約して使うことができます。ちなみに全国でバーチャルオフィスの運営をしているところであれば、自分が大阪でバーチャルオフィスを始めても全国のレンタル会議室を利用することが可能です。客先が東京や福岡の場合に、その先々で会議室をレンタル出来るのでとても便利です。(参考-大阪心斎橋のバーチャルオフィス運営会社

また供給する側も、どんどんとオフィスの空き室が目立つようになり、その改善策として空き部屋をレンタルするようになったのです。場合によっては、時間貸しの方が利益率が高いこともあり、空き部屋の有効活用法としてレンタル会議室は最適のものと言えるのです。こうして、借りる側と貸す側の都合が合い、このシステムは広がりをみせているのです。レンタル会議室は机と椅子さえあれば、すぐにでも開業できますので、とても手軽な活用法なのです。